日佐エリアワークショップ

公園ではできない遊びWSをやってきました!

長い事、計画を進めてきた日佐校区での
「公園ではできない遊びをやっちゃおう」ワークショップ。

事前準備、遊び方、公園の使い方、片付けの仕方まで、きちんとルールを決めて
普段の公園ではできない(禁止されている)面白い遊びを体験してみようというのが、このWSの目的です。
公民館や愛護会、保護者や市役所、当団体スタッフなどたくさんの大人の協力があってこそ実現できるこのWS。

事前WSから遊びの種類を考えてきましたが
そのほとんどの遊びを実行した、とっても盛りだくさんな一日でした!

以下、写真をメインに今日の様子を簡単に紹介します。

ダンボール迷路づくり!最初はこのくらいでしたが・・・

最終的にはこんなにでっかくなりました!
こどもたちのアイデアにより、途中で3つ又にわかれるなど
とても本格的な迷路になっていましたよ!


公園でバーベキュー!

それも鳥の丸焼きや、牛肉のカタマリを焼くなど、思い切った内容で実施しました。


モンキーロープ!
遊具と樹木に結びつけて楽しみました。
これは特に愛護会のみなさんの協力あってこその実現でした!


こちらは竹パンづくり。
生地を練るところから、成形して大きな竹の中へ・・・
とってもおいしく焼き上がりましたよ!


ダンボール迷路を壊したあとに開催した水風船合戦!
子どもたちの意地がぶつかりあいます。
一番盛り上がりを見せた遊びだったと思います。

最終的にはこんな派手な動きも(笑)

と、ダイジェストで振り返っても、かなり濃密な遊びでした。
「活気ある公園」の名にふさわしい、一日だったと思います。

朝10時から夕方16時ころまで遊んで、
しっかりみんなで片付けをして、解散!

色んな大人の協力があって、この非日常的な公園利用が可能になったこと。
子どもたちはわかってくれたでしょうか?(遊ぶことで必死だったかな?)

次週、愛護会や保護者さんを交えて、今日のこのWSの反省会を行います。
これからの公園利用のルールをどう定めていくべきか
どうしたら、子どもたちが楽しく安全で、きれいに使ってくれるのか。
なにより、「活気ある公園」の姿とはどのようなものなのか。
そのあたりについて、考察を進めていきたいと思います。