イイ公園
おろのしまこうえん
小呂島公園
所在地:西区小呂島(小呂校区)
開園:2005年
面積:1,172㎡
区分:街区公園
※公園基礎調査表あり
 福岡市役所から訪ねるのに最も時間がかかる公園が、西区にある小呂島公園です。姪浜港からフェリーで70分、船酔いと戦いながら小呂島渡船場へ、フラフラしながら小学校へ向かって島の高台を目指すと、右手の擁壁沿いに階段を昇ったところにあるのが小呂島公園です。
遠くに壱岐島、小呂魚港の風景が見渡せる。
 この公園は3層の階段構成で、1層目はパーゴラ付きの休憩スペース、2層目は桜の植樹があるお花見のスペース(まだまだ小さいのですが)、3層目は複合遊具があるプレイコーナーです。この階段状の公園が西に向かって視界が広がり、天気が良い日は遠く壱岐の島まで見渡せます。また最上層には、福岡管区気象台の地域雨量観測所(アメダス)が設置されており、福岡市の雨量を計測しています。これはこの公園が福岡市全域の役に立つスペースでもあるって事です。
2層目の桜苗木の広場、将来の花見場所。
3層目、複合遊具の先にアメダスが見える
 小呂島公園は、公園愛護会はもとより地域内連携公園管理事業まで行なっています、陸続きの福岡市内の公園とは違って、離島の公園清掃や樹木の手入れは地域住民によってやる方が圧倒的に効率良いはずです。お聴きした話しでは年間最低2回で良い芝生等の除草作業を、毎月きちんと行なっているそうです、公園というスペースが自分たちの空間だという認識が高いのだと思います。
 離島の公園なだけに、多くの人に訪ねて頂きたい個性指数の高い公園です。福岡県、佐賀県、長崎県の3県眺望の公園というのも福岡市内ではここだけでしょう!
3層目の遊具に昇ると絶景が広がる。
 もう一つ、聴いた話しで素敵だった事は、「夕日が沈む海を見ながら告白すると叶う!」らしいという噂です。実際にそれきっかけで結婚された、島の漁師さんが恥ずかしそうに教えてくれました。この噂が本当に効果の高いものであれば、小呂島に来て頂く公園利用者を増やす事に繋がるのかもしれません。
イイ公園!一覧
イイ公園!一覧