イイ公園
ふくみこうえん
福海公園
所在地:南区高宮3丁目16(西高宮校区)
開園:1969年
面積:3,213 ㎡
区分:街区公園
※公園基礎調査表あり
 南区高宮は、大きな2つのまち(中央区薬院と南区大橋)の間に位置する住宅街です。高宮通りと西鉄大牟田線がまちの中心を抜けているので、静かな佇まいながら交通の便にも長けています。西鉄高宮駅から程近い場所にある福海公園は、一戸建ての民家に囲まれた歴史ある公園で、ボール遊びもできる広さのフェンスに囲まれたグラウンドや低木の植栽、大きなシンボルツリーや舗装されていない土の園地、日差しを避けるパーゴラなどなど、昔ながらの公園の風情を残す「公園らしい公園」です。
いつも子どもたちの声が溢れている元気な公園
 ジャングルジムや砂場・すべり台などの遊具も(これも昔ながらのものばかりですが)整っているので、子どもたちにとってはユートピアのような場所。ママに連れられたベビーカーの赤ちゃんから、上は小中学生まで、みんな楽しそうに遊んでいます。高宮駅界隈で育った人なら、一度は遊んだことがある!といっても過言ではない公園です。今やあまり見かけなくなった「電話BOX(公衆電話)」もありますが、もしかして、これも意外に子連れのお母さんとかに重宝するのかな!?と思えてしまうから不思議です。
しっかりと活用?されている電話ボックス
 また、敷地は四方を道路で囲まれていますが、そのうちの2面は歩行者専用道路になっています。これは、子どもたちが遊ぶ公園を安全な場所にしたいとの、地域のみなさんの思いから、働きかけが行われ実現したもので、昼夜をとおして車の通り抜けができない道路(もう一面も歩道に隣接)となっています。ですから、本来は園地内でしなさいと口を酸っぱく言われる「かくれんぼ」の場所も、少しですが広くなり、面白さも倍増というわけです。飛び出したりが心配な、小さい子どもたちを遊ばせるにも絶好の公園と言えるでしょう。  
現在でも取り囲む2面は、歩行者専用の道路に。
 そして最後に、私たちが行った「公園の清掃調査」の結果をご覧ください。他の公園に比べ、圧倒的にゴミの数が少ないことがわかります。これは、地域の方が、毎朝ゴミを拾っていただいている成果によるもので、お昼には子どもたちが遊び、夜には若者たちが集った公園も、翌朝にはきれいに蘇ります。きれいな公園だから子どもを遊ばせたいという好印象の相乗効果も得られているでしょうし、根本的にゴミの数が少ないので、捨てることを躊躇するという未然の効果も期待できます。「子どもたちが喜んで遊んでくれるのがなによりも嬉しい」とは、朝の清掃を欠かさないおじさま。なんとも、頭がさがります。
忘れ物であろう帽子は、親切に飾られています
 地域の公園は、地域で守る。当たり前のように語られる公園管理の原則ですが、地域の方々の善意が良い結果(良い公園が保たれる)へとつながるためには、その仕組みづくりやバランス感覚が肝要なのだろうと思います。
子どもがいない時間は、会長がゴルフのレッスン
イイ公園!一覧